****更新日【放送日時】放送:番組【検索はFcastで】

【12/30日視聴率】 世界の果てまでイッテQ!年末大忘年会祭り

【AD】
【カテゴリ】【日曜】相葉マナブイッテQ
【関連サイト】【Fcastドラマ視聴率速報】
ドラマ版もご利用ください
1/4に多くの不明な数字が分かります。
【日本テレビ】
12.7% 世界の果てまでイッテQ!年末大忘年会祭り生放送・第1部 ▽内村&宮川&手越の男3人祭りが復活
16.3% 世界の果てまでイッテQ!年末大忘年会祭り生放送・第2部 ▽女芸人軍団が涙の第九生演奏!▽極寒アラスカから絶景オーロラ中継
10.5% おしゃれイズム
*9.2% 有吉ひとり土田@竜兵会プレゼンツ! 超超!無礼講な宴スペシャル
【テレビ朝日】
14.7% アメトーーーーーーク!大賞 5時間SP 豪華4本立て▽アメトーーク大賞2012▽徹子の部屋大賞▽絵心ない芸人・第3弾▽デブ芸人vsガリガリ芸人?
**.*% 苦手だっていいじゃない 討論系バラエティー
【フジテレビ】
*9.1% ジャイアントキリング2~世紀の番狂わせ~ 朝青龍・清原他が腕相撲真剣勝負スポーツ界最強決定戦▽白鵬がいきなり砲丸投げ▽吉田沙保里は武井壮とガチレスリング
【TBS]
16.6% 第54回輝く!日本レコード大賞
**.*% たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5~6個のこと~其の四
【テレビ東京】
10.2% 世界の秘境で大発見!日本食堂7 ▽極寒カザフスタン▽カリブ秘境タークス・カイコス諸島(秘)カレー▽ニカラグア
**.*% ソロモン流【賢人:名取裕子】
【NHK】
*7.2% 世界びっくり旅行社 2012年末特別営業スペシャル 俳優・江口洋介が紹介。イスタンブールを黒谷友香、マイアミの海底にあるホテルをさかなクン
**.*% 連続テレビ小説「梅ちゃん先生」総集編 前編「あたらしい朝が来た」
**.*% 連続テレビ小説「梅ちゃん先生」総集編 後編「上を向いて歩こう」
【AD】



カテゴリー::【日曜】相葉マナブイッテQ

12.7% 世界の果てまでイッテQ!年末大忘年会祭り生放送・第1部
16.3% 世界の果てまでイッテQ!年末大忘年会祭り生放送・第2部
男祭りのぶたを捕まえるゲームに、東山さんも参戦して、何しろ楽しい内容で、この数字も納得。それにしても、初挑戦で、あのスピードとは、ジャニーズパワーは伊達じゃない。男祭りは、面白くて他局に変える気にならなかった。
14.7% アメトーーーーーーク!大賞 5時間SP 豪華4本立て▽アメトーーク大賞2012▽徹子の部屋大賞▽絵心ない芸人・第3弾▽デブ芸人vsガリガリ芸人?
これだけの番組に囲まれると、さすがに数字的に厳しいのかと思ったが、アメトーク人気建材。14%超えとは...。それにしても、徹子の部屋もあれだけ楽しく再編集されたら、大いに数字に貢献しただろう。
*9.1% ジャイアントキリング2~世紀の番狂わせ~ 朝青龍・清原他が腕相撲真剣勝負スポーツ界最強決定戦▽白鵬がいきなり砲丸投げ▽吉田沙保里は武井壮とガチレスリング
フジの年末年始はほんとうに厳しい。これだけのアスリートを揃えても、なんだか見る気がしなかったもんな。
16.6% 第54回輝く!日本レコード大賞
レコ大でいろいろ言われているAKBだが、彼女たちが出ていることで、数字が跳ね上がったのだけは確かだろう。それだけ注目度が高いグループということは、否定出来ない数字。ジャニーズが賞取りに、不参加するようになってから、これだけの数字を稼ぐのって、なかなか無いような。
関連記事

コメント

イッテQ!
今回は裏番組も強力なものばかりで視聴率的にはどうなのかと思いましたが、まずまずで流石に安定感は抜群でした。しかし、番組的にはいろいろ詰め込みすぎて素人目にも編集が荒い感じがしたのは私だけでしょうか? 個人的には男3人祭り+東山さんのコーナーをもっと時間をとってじっくり見たかったです。
高視聴率も結果には不満です。
こんにちは。今日2本目は『日本レコード大賞』に関する話にします。先程デイリースポーツに出た速報記事によると、視聴率は16.6%と、前回より1.7ポイント上回りましたが、各賞結果に関しては、僕が大好きなアーティストの1組であるAKB48が「真夏のSounds good!」で、前回の「フライングゲット」に続く連覇を許しましたよねえ。
しかしながら、この結果に関しては大いに不満で、このような書き方をしたんです。一部報道でもご存じのように、AKB48は2年連続年間シングル売上トップ5を独占、それもまたミリオンで独占する結果となってしまい、不満を持たれたレコ大視聴者は多かったかと思います。その影響もあり、僕は2年連続レコ大を見ず、裏の『イッテQ!』を見ていました。
今回のレコ大は事前番組を含めて4時間半放送される異常事態でしたが、これに関しても長すぎるという不満が多かったのではないでしょうか。個人的には『NHK紅白歌合戦』同様時間短縮を求めたいところで、レコ大が大みそか18時~20時54分か21時、紅白が21時~23時45分という、昭和63年までやっていた時間帯に戻してほしいのが本音です。
とはいっても、僕が住む北海道道東の一部では、一昨年秋からテレビ東京系列のTVhが放送されるようになっており、『年忘れにっぽんの歌』を見るというのは譲れませんが(笑)…。あと、今回のレコ大、1桁で打ち切りと予想していたので、『イッテQ!』がトップを奪ったとはいえ、はっきり言って想定外でした。そうは問屋が卸さない、まさにこれでした。
テレビの話とはずれてしまいますが、真に国民にその年で愛される音楽は何なのか、年末の賞取りレースがTBSでやるレコ大と『日本有線大賞』になってしまった今、両方の在り方を問われそうな感じがします。特にレコ大、AKB48独走が続けば、廃止を考えなきゃならないんでしょう。
すみません、訂正があります。
すみません、『イッテQ!』がトップを奪ったと書きましたが、それは間違いでした。1回投稿すると訂正が効かないので、ここで訂正させて下さい。
大賞
大賞はAKBが妥当だとは思いますが不満が有る人の気持ちもわかりますね。
今年はAKBもその他の歌手も世間に浸透したと言える曲は無かったと思うので該当なしというのもありかもしれないなあと思いました。
視聴率的に取れたのは意外でしたw



管理人さま明けましておめでとうございます
新年早々の更新ありがとうございます
今年も楽しみにこちらの感想みさせていただきます

イッテQ わずかにレコ大に届かず残念ですが 前半の見せ方次第ではもう少しとれたかも知れませんね
ふかわさんがいつもなら縦軸の男でヘアスタイルを現地の床屋さんにきってもらうコーナーがピアノ演奏でしたね
あのスタジオの和気あいあいとした感じが好きです
レコ大は結果はわかっていたので初めからみませんでした
日本を代表するアーティストがAKBなんですね
へ~
レコード大賞
おはようございます。
新年あけましておめでとうございます。
レコード大賞はやたらAKBの出番が多かったので確かにそれによる上昇効果はあったかもしれませんね。
嫌な言い方をすれば「レコ大の私物化」とも言えますが。
あとは、大方の予想通りに(かは分かりませんが)AKBが本当に2連覇してしまうのか?という怖いもの見たさ的なところもあったかもしれません。
AKB48という「ヒール」にいきものがかりや斉藤和義といった面々が立ち向かうプロレス的な構図ですね。
まあ、結果はヒールが勝ってしまったので勧善懲悪とはなりませんでしたが数字だけでも取れてTBSは良かったですね。
結果に対しては非難轟々ですが元よりヒット曲のない年と言われて久しかった2012年ですので誰が取っても特に感慨はないですね。
NHK五輪テーマソングを歌ったいきものがかりが好感度も高いし落とし所としてはちょうどいい気もしますがそれはそれで「合理的な判断」とは言えないし審査員としては微妙なところかと。
そもそもこのご時世にあってレコ大のような賞レース自体がナンセンスだと思いますが、多分次はEXILEやあゆのようにAKBも辞退するんじゃないかな。
レコード大賞
おそらく数字が上がったのは司会に堺正章じゃなくて安住アナを抜擢したのが一番の要因かと…
イッテQ まさかの不発
イッテQ班のドッキリ番組「うわっ!ダマされた大賞」は高視聴率獲ったのに、宮迫復帰のアメトーークとAKB連覇・安住メインのレコード大賞にWパンチしましたね。

オセロ中島の「イッテQ」復帰報道が仇ですね。
レコード大勝
もし2012年を代表する大ヒット曲があればそちらに行ったでしょうが、それが見当たらず、ジャニーズ組が辞退している以上、これは順当な結果でしょうね。AKBファンの間では今年は取らないかもという意見も多かったですが。16.6%とはかなり取りましたね。
イッテQが面白かった!! 他
管理人さん、こんばんは!
大変遅ればせながら、昨年は大変お世話になりました。

「ドラマのコメントを書きに来ます」と言いながら、結局書かずに終わってしまって、すみません。
『プライスレス』『悪夢ちゃん』…等々、一話も欠かさずに見ていたものもあったんですけど…。
管理人さんのご感想を読んだら「なるほどなぁ」と思って満足してしまって…。
それにドラマ版の方にいったら気が重くなってしまう時も多いし…(笑)

今年も管理人さんのご感想を読むことが中心になりそうですが、どうぞ宜しくお願い致します。

ということで…

年末年始のTV番組ですが、私はイッテQが「楽しかったなぁ~」と印象に残りました。

「男三人祭り」は東山紀之さんが出演されてて、泥まみれになって豚を追いかける展開になったのは面白かったし、東山さん男気があるなぁ~と思いました。
幾つになっても体を張ってらっしゃる姿勢は凄いです!
舞台の番宣目的でしたけど、年齢順でいったらその舞台で共演するKU-TUNの田口くんが出ても良かったんだろうけど、それだとあれほどのインパクトは残せなかったろうし、ちゃんと番宣をこなす先輩は立派だなぁ~と思いました。
東山さんのどんな仕事もちゃんとやりこなす姿勢はカッコイイと思いました。
豚もちゃんと捕まえられたし、カッコ良かったです!

それから、最後の鈴の演奏は綺麗でしたね~。
クリスマスにあんまり良い番組を見なかったので、美しい音色に心が洗われました。

ちゃんと体を張る笑いもあり、感動もありで、やっぱり高視聴率を取る番組にはそれだけの理由があるんだなと思いました。

その他に年末年始の番組で印象に残ったのは、1/3に放送した『新春tv放談』です。
テリー伊藤さんとか鈴木おさむさんとかtv番組を作っている人たちが色々と話している番組なんですが、このサイトはtv番組に興味がある人たちが集まっているのに、あんまり話題にならないのが不思議な気がします。
私は第一回目から見ているんですが、この番組を見てたのもこちらのサイトを定期的に見るようになったキッカケのひとつでもあるので、観ている人が少ないのが意外でした。

今年は『平清盛』をパネリストたちがもの凄~く持ち上げているのが面白かったです。
私としては、去年の大河は良い所もあるのに、色々と勿体ない感じという作品でした。
両親からは「脚本が悪い」とバッサリと切られていましたが…。
我が家は毎年大河を見る家で、今まで途中脱落したのが『武蔵』くらいだったので、脱落第二作目になったのは残念でした。
『八重の桜』は今の所、両親からは評判がいいです。

それから、1/3のフジの嵐づくしも観ました。
『ラッキーセブン』スピード感があって面白かったです!
フジらしく華やかなドラマで王道娯楽大作を全うしていて偉いなぁ~と思いました。

私的にはこの作品を見ると、子供の頃好きだった『特高野郎Aチーム』を思い出すんです。
アクションがあって、チームで物事を痛快に解決する感じとか…なんとなく…。

昔のマイナー作品マンセー中二病的な自分だったら、見向きもしなかったかもしれませんけど(笑)、ちょっとは大人になったのかメジャー作品の大切さ、マイナーでの実験的要素を取り入れつつも常に多くの人に見て貰える作品を目指して作ってくことの難しさが少しは理解出来るようになった感じです(笑)

管理人さんはドラマ版の方で、「2人の関係がキツ過ぎるのではないか?」と仰っていましたが、個人的には気にならなかったです。
香港ノワールとかのヒリヒリする感じが好きだからかもしれませんけど。
自分が女だから、女同士では見られないものが見たいのかもしれません。

嵐のバラエティの冠に関してはどうなんでしょう…?
このままの調子で行くのでしょうか…?
因みに、上記の『TV放談』では冠全てが「好きなバラエティ番組ランキング」のランキング圏外になっていました。
一昨年は、3冠全てがランキング圏内だったのに、去年は「VS嵐」以外は圏外になっていて、その後2冠が1桁続きという悲惨な結果になったので、至急に番組内容をテコ入れしないと2桁確保は難しいんじゃないかなぁ~という気がします。
どういったテコ入れをするかは難しいですけど…。
管理人さんはどう思われますか?

後は、お正月と言えば箱根駅伝です!
今年もドラマがあって面白かったです!
やっぱり毎年これを見ないと「お正月」という感じがしないんです。

いっぱい書いてしまいましたが、今年が管理人さんやこのサイトを訪れる方にとって良い年である事を願っています。
そして、もちろん自分自身にも(笑)
追記
『イッテQ』ですが、『新春TV放談』では「スタッフが全力で作っている感が出ている」と絶賛されていました(ちょっと言葉のチョイスは違うかもしれないけれど、意味的にはそんな感じ)。

フジの『ほこ×たて』やテレ朝の『大改造ビフォーアフター』も確か、同じような感じで褒められていたと思います。

やっぱりTVの向こう側の視聴者は今、「マジでガチでやってます感」が欲しいのかなぁ~、そういった番組が見たいのかなぁ~と思いました。

マツコさんみたいに「今、確実に数字持っています」の人じゃない限り、バラエティはやっぱり企画が勝負だなと思います。

今年は新たな人気バラがでるのかどうか?
コント番組の復活は暫くないのか?
色々とどうなるのか楽しみです。

そういえば、『ラッキーセブン』以外にもフジからはSPドラマの決定のお知らせが続々と発表されていましたね。

発表されたタイトルを見ていて、フジTVは「オリジナル脚本」の作品を重視しているのかなぁと思いました。
そして、それって『海猿』の原作者とトラブッたことが影響しているのかなぁと感じました。

去年の映画の興行収入は『海猿』の大ヒットもあり、フジが他を圧倒していましたが、そういったドル箱作品を手放したことはフジ的には痛かったことでしょう。
〔そういえば、『海猿』は母と一緒に観に行きました。
母的には「もっとパニックムービーとして、派手な感じで良かったのに。前作と比べて物足りなかった」と言っていました。
が、私的には、登場人物の関係性が好きで(特に主人公とヒロインの2人。『VS嵐』に出た時は「うちの人がヤンチャですいませ~ん」みたいな事を言っていて、なんだかニッコリしてしまいました。)、第一作目とドラマに思い入れがあるのでこれはこれで良かったように思いました。〕

今年の公開予定映画のラインナップは去年よりも弱いと思うので(『謎ディ』『ストロベリー』は興収15~25億くらいを目指していると思う)、そろそろ次なるドル箱コンテンツを発掘すべく色々と試している最中なのかな?とか勘ぐってみました。

副収入も「お台場合衆国」だけじゃもの足りないだろうし、オリジナル脚本ならば局側の都合に合わせて色々とできるし、ヒット作ができればオイシイのかな?とか…。

これは、まったく根拠のない勝手な私の妄想ですので、全く信用して欲しくないんですが…。

なんにせよ、フジが「面白いドラマを作ろう!」と頑張っている感じは嬉しいですね。
視聴者としては「あ~、面白かった。今日もこのドラマを観たから良い日だった。」と思える様なドラマがひとつでも多くあるよう願うばかりです。

訂正です
そういえば、原作付の『GTO』は1/2にSPをやっていました。
なんだかテキトーなことを書いてしまってすいませんm(__)m

『ラッキーセブン』の続きの文章で書いてしまったから、変な悪い意味にもとれる可能性があったかな?松潤のファンの方に嫌思いをさせてしまったかな?と後悔しています。

私は今回のSPとっても面白かったと思うし、連ドラの時も面白かったと思っています。
特に、特に第七話の中越典子さんがゲストの回で中越さんが会社の中で花形な仕事ではなくても「やりがいを感じている」と言っている回や、第一話と最終話で松嶋菜々子さん演じる藤崎瞳子が松潤演じる時多駿太郎に仕事について尋ねる場面が良いなぁ~と思いました。

『プレイスレス』の時もそうでしたが、やっぱり月9は「明日からも仕事、頑張ろう!」と思えるドラマだと元気が出ていいなと思います。

私は、松潤のドラマだと『バンビーノ』が好きだったので、続編が合ったらいいなぁ~と思っていたけどなかったのがとっても残念だったので、この作品はspが良かったから、管理人さんも仰っている通りに又spがあったらいいなと思いますし、もしかしたらもっとスケールUPしたものもあればいいなとも思っています。

これからはもっと気を付けて、自分の文章にもっと責任をもって書き込みます(>_<)
訂正2
そういえばフジTVの副収入ってお台場合衆国だけではありませんね。

通販やイベント事業やゲーム産業への参入等々、TBSの不動産業は有名だし、色々と各局事業展開をされていますね。
視聴率全般が落ち込む中、各局が増収増益を続けているのはこうゆう副収入が大きいんですよね。
中には、過去最高の売上高を出す見込みの局もあるとか…。
〔因みにこれは2012.11.25 付のNewsポスト7 からの情報です。ネットで見られます。〕

ちゃんとしたソースに基づかないで、テキトーに妄想だけで文章を書くと、まったくトンデモなことを書いてしまい、後で訂正するハメになる、といういい見本ですね…。

ツイッター上で色々な文章がソースも無しに多量に流れていて、それを大量にリツイートされたあげくツッコミが入って、「私、人から聞いた話を書いただけだから良く知らな~い」と鍵をかけたりして逃亡してしまう人もこんな感じなんだろうなぁ~と思います。

明確な悪意を持ってやっているわけではないのに、人に迷惑をかけちゃうことってありますね…。
人間の心って弱いからなぁ~。
今後は、もっと気を付けようと思います。

そういえば、クリスマスに良い番組を見なかったとか書いてしまいましたが、それも訂正で、その日はリアタイではフィギュアスケートの全日本選手権を見ていたのでした。

だから、リアルでは選手たちの全力の演技という華やかで素晴らしいものを見ていました。

その後、録画して見たバラエティがあんまり素敵なものじゃなかったということです。
人間の記憶って不確かですね~。

因みに、全日本フィギュアでは女子は順当でしたが男子は番狂わせがありましね。
これから四大陸・世界選手権と試合が続きますが、どうか全員が自分の持っている力を存分に発揮して欲しいと願っています。

あと、年末年始の番組ですが、FNS歌謡祭と紅白も見ました。

FNSでは平井堅さんの演出が面白かったなぁ~と記憶に残りました。
その後、PV付のシングルを買いたいと思って探したんですが、売り切れていたのが残念でした。
通常版はあったんですが…。
やっぱり音楽だけだとちょっとシングルを買うのは値段が高く感じて、買う気がしないんですよね。
カップリングの『ウーマン wの悲劇』も好きな曲なんですが…。
う~ん…。やっぱり懐が寂しいのがネックですね…。

紅白は三輪 明宏さんが印象に残りました。
『ヨイトマケの歌』は前にも聞いたことがあるんですが、いつ聞いてもド迫力だなぁ~と思います。
三輪さんの「伝えたい」という気持ちが迫ってくるような感じです。

それから、和田アキ子さんの曲紹介前の6代目中村勘九郎と松潤とのやりとりがお互いによく知っている人間同士の暖かさがあり、故人を本当に偲んでいる雰囲気があって良かったです。

いつもなんだか長々といつもすいません。
見直してはいるんですが…。
色々と足りない部分はありますが、お許しくださったらありがたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

コメント大歓迎
データ取得中...
月別アーカイブ
RSSリンク
スマホ携帯タブレットQRコード
QR
検索フォーム
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。